>

メリットが加速する

デメリットは食材の品定めができない

やっぱり健康を考えると、食事を大切にしたい。
だけど、諸事情で、ゆっくり時間をかけて買い物して、時間のかかる手の込んだ料理をするのは、無理。
何でも手抜かりなくこなしたい人にも、買い物の時短をして、その上、きれいにパックされ、下ごしらえまで済んでいたらかなりの時短料理が可能で、達成感抜群です。
ますます汎用化されて、自宅のキッチン内も合理化に便乗してしまいそう。
食材宅配のデメリットは、購入前に手に取って至近距離で商品を確認できないことです。
スーパーや店舗に外出するのが好きな人には向いていません。
欲しい時に欲しい物だけ手に入れたい人には、食材宅配業者の配送料や年会費の問題がある。
献立メニューの変更が容易でないのは大変かもしれません。

ホームパーティーで使いこなす

気軽なランチパーティーでも、素材を少しいいものにして、素材を美味しく食べるために時間指定する時などは、料理中でも受け取るだけで済み、段取りがしやすいです。
フルーツも飲み物も一緒に注文できるのも魅力です。
時間差で早目に用意できてスタンバイできる前菜などに力を入れると、つまみながらお酒も話も弾んで、リラックスしながらパーティーを進められるかもしれません。
気のおけない仲間の集まりや、親戚の集まりなら、テーブルセッティングも、取り皿やグラスなどをまとめておいてフリーな感じでも、自分にゆとりもできて楽しめます。
子供たちの遊び場も、空いた部屋におもちゃなどを置いておくと、ご機嫌かもしれません。
余った料理も、使い捨て容器などを用意しておくと、帰宅後の夕食に活用できて喜ばれます。


この記事をシェアする